整えて貯める

貯金用口座を作ったほうがいい理由

こんにちは。 管理人(@simplehome8)です。

皆さん、貯金ってどのように管理していますか
1つの口座で貯金も一緒に管理していますか?

相談人
相談人
1つの口座で全部を管理しているんですが、そのせいでどこまでが貯金なのかがさっぱり分からなくなっています。
管理人
管理人
貯金は貯金用の口座に入れ、中長期的に管理しておくものとして利用してください。ちょっと足りない、といって引き出すための口座ではない!ということです。

我が家の家計管理について

旦那の給与は生活費兼特別費口座、私の給与は貯金オンリーの口座です。

特別費は毎月いくらを別口座へ移したほうが管理しやすい場合もあります。
当初「生活費用クレジット」、「特別費用クレジット」と分けて使っていたのですが、どこまでが生活費で、どこまでが特別費でどっちのクレジットで払うのか、など考えるのが面倒だったので、現在は1つの口座にしています。

ただし、同じ口座で管理する場合は使わないように十分な注意が必要です。

生活費・特別費・貯金の3カテゴリで分けてしっかり管理することが大切。

住信SBIネット銀行のススメ

住信SBIネット銀行ってご存知ですか?
ネットバンクって、なんだか怖いイメージがあったり、店舗がないことへの不安があるかと思いますが、一度使ってみるとその手軽さから、離れられなくなりました。

この銀行、何がいいかというと…

・ATM利用料が最大で15回まで無料(今まで一回も払ったことがありません)
・他行宛振込が最大15回まで無料(今まで一回も払ったことがありません)
・自動振り込みの機能が使える
目的別口座を作ることができる

目的別口座とは、目標期間・目標金額を設定し貯金箱のように利用できる預金専用の「目的別口座」 出典:住信SBIネット銀行

1つの口座で実質5つまで管理できるので、我が家でも利用しています。

貯金用口座を作る

我が家では貯金用の口座を作っています。
私の給与口座=貯金用口座となっていて、毎月増えていく一方の仕組みづくりが完成します。
こまめに定期預金に移すなどして、中長期的に管理しています。

貯金だけの口座を1つ作ることが大切。貯める一方の口座となることで貯金額の増加が一目瞭然でモチベーションUP!!!