子育て

復職前にやっていたら良かった4つのこと

こんにちは。 管理人(@simplehome.8)です。

私は、2016年4月に復職しました。

復職当時は息子は1歳。短時間勤務5時間、6時間と少しずつ私もリズムを慣らしていきました。

2018年4月にフルタイムに切り替え、今は少しの残業もこなしながら両立しています。

そんなワーキングマザーになる予定の方には、是非オススメしたい、私の実体験に基づくやってよかったことリストを掲載します。

参考になれば幸いです。

①お小遣い制を導入する

今まで無限に使っていたお互いの給料にメスを入れました!

月このくらい費用がかかる、このくらいは貯金したい、というお金や貯金について夫婦で話し合う時間を取り、お小遣い制導入を実現しました。

旦那は抵抗があるかな?と思ったのですが、タバコ代、昼食代、おやつ代を条件、飲み会は都度請求などを条件にお小遣い制になりました。

最初は私自身、お小遣い内でやりくりするのが大変でしたが、自分がお金を管理している立場だからこそ、嘘偽りなく、お小遣い内でやりくりしてみせる!という思いで取り組みました

その癖が、すっかり今は定着し「我慢する」ことや「一歩立ち止まって考える」ということも学びました。

私の無駄遣いが減ったのが最大の効果だったと思います。

夫婦お小遣い制導入で一気に貯蓄体質へ!無駄の大幅削減に成功こんにちは。 管理人(@simplehome.8)です。 ところで、皆さんはお小遣い制ですか?? 我が家はお小遣い制にして、一気...

②便利家電グッズを揃える

一時期、掃除機をかけることすら、本当にめんどくさくて、嫌になったことがありました。

我が家は、布団派なので、ルンバを買ったところであまり意味がないのかも?と思って、とても悩んでいました。

そんな時、インスタでもよく見かけるコードレス掃除機のマキタに出会いました。

色々調べていくと、職場の方も6人中2人使っているくらい人気だとか。

何がいいって、コスパ最強とのこと。値段は1万円代~。ダイソンなどと比べると比にならないくらい。

ただし、ペットがいて、絨毯に毛がこびりついている、なんて方はマキタじゃもの足りないかもしれません。

マキタは家電量販店ではなかなか売ってなくて、東急ハンズで見かけたことがあるくらい。
ただし、それも種類は1種類デモで置いている程度。

これは、口コミだけを頼りに購入するしかない、と思っていきついたのがこのマキタ。

マキタの商品で、松竹梅でいうと、竹くらいになるかな?
「中」くらいの良さだと思います。高すぎず、安すぎず、2万円以内で買うことができます。

これをチョイスした理由は以下。

・高すぎず安すぎず 予算は20000円程度であること

・紙パック式であること
※以前は中のごみをパコっと捨てるタイプでしたが、中のフィルタの清掃などがとてもめんどくさくて、結局不衛生になってしまったからです。

・とにかく軽いこと このマキタは1.1kg

・運転時間が長いこと
※その分バッテリーも重くなり高くなったので20分もあれば3LDKには十分すぎるくらいで、結果これで事足りています。

こんなところでしょうか。

買った今は、生活が大きく変化し、マキタ一本で生活しています。

ご飯のたびに、パンくずやシラスなどを散らかしていた息子。
掃除機かけるたびに、コードをさし、コードを伸ばし、コードをしまう、コードが絡まり何度も出し入れしながらコードをしまう、結果うまくしまえない、などストレスMAXでした。

このめんどい作業が0になったんです。コードレス万歳!!!

1番嬉しいことは、部屋を移動するたびにコードを抜き差ししなくてよくなったこと。
こんなうれしいことはありません。
なんて、幸せなんだ~~~と、掃除機を持って端から端まで移動できることが本当にうれしかったです。

何より、旦那も積極的に掃除をするようになったし、私もそこまで掃除をすることが苦ではなくなりました。

このストレスフリーな掃除生活を、是非共有したいです。

③床にものを極力置かない

1歳くらいまではジョイントマットを使っていました。
ジョイントマットのいいところは、みそ汁などをこぼしたときにサッと拭けるところ。

その点、マットとマットの隙間にみそ汁やこまかい埃がたまり、それが静電気でマットの裏にびっしり密着してついていたのです。

これを見たとき、1枚1枚お風呂で裏を洗い流し、乾かして、またマットをはめなおして・・・ととても大変でした。

それでも息子がハイハイしているうちは、そんなことも言ってられず息子の体が第一優先でしたので、9畳分くらいマットを敷いていました。

一人歩きができるようになって1歳くらいの時にはマットを撤去し、フローリングにしました。

そうすると、なんと掃除のしやすいこと。

ただ、我が家は無垢のフローリングのため、水には弱く、またホットカーペットを敷くと木と木の間に隙間があいて、そこにゴミがたまることもしばしば。

それでも絨毯やジョイントマットよりは掃除のしやすさ◎
本当にストレスフリーです。

格段に掃除の時間が短くなりました。生ごみを入れるゴミ箱以外のごみ袋はすべてフックにかけてつるしています。

ゴミ袋を寝室のカーテンフックにつるしたり、洗面台にフックをつけてつるしたり。掃除が楽♪お風呂場のおもちゃもつるしています。

吊るして時短!効果ありですよ★

④料理を学ぶ

私は料理は決して好きな方ではありません。

復職すると、ご飯作りも時間勝負。
私は平日調理することは諦めて、週末に作ってます。

余裕があるときだけ、平日は簡単な炒め物くらいはしています。

週末、同じ料理のルーティンになってしまうことが多々。

カレー、シチュー、タラ、ブロッコリー、唐揚げ、焼き鳥、ポテトサラダ・・・などいつも同じようなもの。

息子にも申し訳なく、最近になって料理の勉強を始めました。
そんな時、staubという鍋に出会いました。

この「ストウブ ピコ ココットラウンド Rund 22cm」というものを利用しています。

1つ目、まず試しに買ってみたい!という方には万能に使えるオススメのサイズです。

ご飯も3-4合炊くことができ、カレー、シチュー、煮込みハンバーグなんかに最適なサイズです。
とにかく、野菜がフルーツのように甘みが増します!試してみる価値ありです!

また、色もとても可愛いんです。私はベーシックの黒をチョイスしました。

野菜嫌いだった息子ですが、野菜を入れるととても柔らかく、甘くなります。

SATUB=無水料理、と言われるくらい野菜からの水分だけで、スープができてしまうくらい、水が出てきます。それも、蓋がとにかく重く、その蓋の裏についた細かな突起物。

フタに付いた突起に付着した蒸気が水滴となり、食材にまんべんなく降り注ぎます。これにより、不思議と野菜から出た水だけで料理ができてしまうんです。

もう1つ欲しいくらいです。
この鍋で基本的な野菜をすべて味なしでゆでて、いろんな料理にアレンジさせます。

スープ系はもちろん、グラタンの具にいれたり、つぶしてポテトサラダにまぜたり。アレンジは自分次第ですが、このおかげで息子も野菜を取ることができるようになったといっても過言ではありません。

料理下手な母ちゃんだからこそ、使いたいアイテムですね!

鍋にこだわらず、とにかく復職すると時間勝負です。平日は作るのをあきらめて日曜日に作り置きを実践しています。

それでも、木曜くらいにはネタ切れで、総菜や刺身を買い足す日々。

これを改善すべく、今も日々料理について勉強しています★