クレジットカード

クレジットカードは1種類にまとめて赤字を防ぐ

こんにちは。 管理人(@simplehome.8)です。

ところで、皆さんはクレジットカードは利用していますか?
特に育児を抱えるお母さんは、家にいながらネット注文し、オムツを買いに行くのが大変だからネットで注文し、食品系をネットで注文し、…とネット注文なくしては、なかなかやっていけないと思います。
毎回、代引き、というわけにもいきません。

我が家ももちろん、ネットを活用しています。
そんな時に必要となってくるのが、クレジットカード。

えま
えま
我が家ではクレジットカードは数年前から楽天カードにすべて集約しています。マルイ、ルミネなどすべて解約しました。

どんなに5%OFF、10%OFFでお得になろうとも、クレジットを持っていると、その期間に買いに行かなきゃ、という衝動にかられます。よって、これらのカードはすべて解約。

結果、無駄遣いが減り、shoppingに行く機会が本当に減りました。

楽天カードは何がお得??

私が楽天カードを利用し始めていたのは、生活に一番馴染みがあったからです。

それ以外にも、マルイカード、ルミネカード、ZOZOカードなどファッション系のクレジットカードを多数保有していました。

でも、子どもが産まれ、利用頻度が下がり(下げるために努力した!)、子育てで忙しいのでネットで買い物がメインとなり、楽天カードを使うようになりました。

楽天カードのメリット

・年会費無料のクレジット部門で顧客満足度9年連続NO1
・ポイント還元率は1%~3%(100円につき1ポイント貯まる)
・楽天で買い物をする場合ポイントが貯まる
・年会費無料人気クレジットカードのランキング常連で安心安全
・楽天モバイルの格安SIMを利用すると、楽天ポイントが使える
・家族カードという仕組みがあり、家族で1つにまとめることができる
楽天カードのポイントを楽天支払いに充てることができる
などなど

楽天魅力が盛りだくさんで、楽天カードを何年も愛用しています。

我が家の楽天カードの仕組みは以下。

私の楽天カードは、旦那契約の楽天カードの家族カードとして契約してます。

家族カードのメリット!

家族カードご利用分も、本会員様同様にポイントが貯まる
家族カードご利用ポイントは、本会員様がまとめて獲得
お支払管理が便利に!ご利用分は本会員様の口座から引き落としできる

えま
えま

引き落とし先は、旦那口座に集約しています。以前は、特別費口座というものを作って管理していました。

以前は、旦那口座=生活費口座、私口座を特別費口座としてました。
そして余った分はそれぞれ貯金、という感じでした。

このカードの運用は、生活費と特別費の明確な線引きができなかったこと。
ある程度生活費、特別費を決めていましたが、それでもやっぱり悩むことがあります。

年1回のスケジュール帳は?数百円だけど、生活費?年1回だから特別費?
また1回の買い物で生活費、特別費一緒に決済をしてしまうと、それぞれの口座に移す必要がある、という点。

最高にずぼらな私が、そんな面倒なことをできることもなく、なら生活費と特別費の口座を一緒にしたらいいんでない?ということで、今の仕組みにいたりました。

旦那
旦那
一緒の口座だと、どこまで特別費を使っていいか分からなくならないの?

と聞かれたことがあります。手元で現金管理してもいいのですが、私はネットバンク上で管理しています。

SBIネット銀行の目的別口座とは

特徴1) 5つまで好きな口座を作れます
目的別口座は自分で口座名をつけることができます。

特徴2) 目標を設定し達成率を確認できます
目標金額や期日を設定し達成状況を確認できます。

特徴3) 円定期預金・外貨預金も作れます
円定期預金や外貨預金も目的別口座で管理できます。
(参考)住信SBIネット銀行目的別口座より

これで、何が実現できるかというと、特別費などを目的別口座として入れておくと、ATMなどで引き出すことができないようになります。

これを利用すると、例えばクレジットで利用した分をまとめて目的別口座にいれておき口座のお金を使わないようにして、引き落とし前日に通常の口座に移す、ということもできます。

今回紹介した、楽天カードまた目的別口座について紹介しています。
気になる方は是非ご覧ください。

気になった方は是非チェック!

楽天カードについて…
クレジットカードランキング常連トップ3には入っている、年会費無料のクレジットカード。貯まったポイントを支払に充てることができる素晴らしいカード◎

住信SBIネット銀行について…
住信SBIネット銀行は、「NPS®ベンチマーク調査2018 銀行部門」において第1位の評価されたようです。是非、見てみてくださいね!