口座

使う口座と貯める口座でメリハリ家計簿

ご覧いただきありがとうございます、えまです。

何度か記載していますが、貯めるための口座の仕組みと、毎月の家計簿との関連を簡単にご紹介いたします。

貯める口座と使う口座

●大学時代の私

大学時代は口座は1つでした。貯める口座も使う口座も一つ。何が起きたかというと、クレジット決済の引き落としがあるにもかかわらず、残金があると勘違いして現金をどんどん引き出し…結果残高不足でクレジット引落しができない、と通知が来る。

おまけに貯金0、毎月のバイト代を全額使うというとんでもない学生時代でした。

●社会人の一人暮らしの時の仕組み

以下に書いているように、やっとここで貯める口座というものを作りました。
会社の財形という仕組みで給与天引きされていく感じです。

手元にある口座のお金は使う口座
貯める口座にしっかりと毎月貯まっていくので、こちらの使う口座は残金を把握しながら計画的に使ってました。

この頃から毎月アプリで家計管理をはじめました。とはいうものの、まだまだ飲み会や海外旅行、フェスに美容代と支出は決して少ない方ではありませんでした。

が、1年目ということもあり経験はお金で買えない価値がある!と思い、貯金額はあまり無理せずに1年目は様子見…ということで頑張りました。余裕があるなら翌年貯金額を増やす、余裕がないなら貯金額を減らす。

●結婚後の仕組み

2人になると管理は2倍大変…お互いいくら給料をもらっていて、いくら使っているかが不透明だと心配だな…と思い旦那に相談。

えま
えま
今年はこれくらい貯めたいんだけど、貯める口座を作っていいかな~?

まず取り組んだのは旦那の給料内で生活をやりくりする、私の給料は貯金に回すということ。

これが一番シンプルでわかりやすいやり方だと考えました。そのためには当然旦那の協力なしでは成り立ちません。

また、旦那の給料内でやりくりするなら、当然お小遣という仕組みを取り入れないと、予算を守ることができません。

旦那より私の方が浪費家だったので、この制度を入れてムチ打つ!と決めました。自分で管理するようになると、家計の全体像を把握することができ、自分だけ浪費してはならぬ…といい意味で変わることができました!

ということで、現在までこの仕組みは続いていますし、計画的に貯金ができています

使う口座の中でやりくりする

当然ながら、貯める口座に手を出さないのが大原則!これは当分手を付けず、結婚式やマイホーム購入など、いつかのお金に備えておきましょう。

貯める口座の残高チェック

日々の家計簿のチェックだけでなく、貯める口座がいかに貯まっているかを確認することも大切です。モチベーション向上にもつながります♪

復習:貯金には手を出さずにやりくりしよう!

最初はうまくいかない方が多いと思います、私も何度も試行錯誤してきました…
そんなに簡単に家計管理ができるようになるなら、あんなに家計簿は書店に並ばないだろうし…だからこそ長期戦が大切!

・家計管理は長期戦が大切
・貯まる口座には手を出さずにやりくりする
・支出口座が予算内に収まるようにアプリや家計簿を活用しよう

 

 

書籍発売3日で重版!

私の家計簿の内容が本になりました!なぜ貯め体質になったのか?家計簿は3つの項目で貯まる?家計簿を書く前にはコレをしないと貯まらない?貯金0の体験から得たノウハウを掲載してます。

楽天はこちらAmazonはこちら

RELATED POST